トップページ――> 保育園ってこんなところ――>保育園の様子Q&A



保育園の様子Q&A

このページは、これから保育園に子どもを預けたい方等に保育園の様子を紹介するものです。保育施設には、公立保育園や私立認可保育園、認可外保育施設などさまざまですので、様子は大きく異なります。また、各園ごとで異なりますから、詳しく知りたい方は、各園に問い合わせされることをお勧めします。
ここでは、いくつかの保育園を調査して、一般的なお話のみをQ&A方式で分かりやすく紹介します。施設数が多い公立保育園の内容がどうしても中心になっていますので、御了承ください。ここにない項目について、知りたい場合には遠慮なくメールで問い合わせください。「うちの園ではこうですよ〜」というお話も歓迎です。内容に反映させていただきます。
なお、転載及び各質問項目への直リンクはご遠慮下さい。(文責 たつみゆ/りくパパ)

*注意
保育園では、4月1日時点で3歳未満を乳児、3歳以上を幼児と呼びますので、ここでも同様な呼び方をしています。

【入園前〜慣らし保育】

【食事・給食】

【送迎・延長保育】

【お昼寝】

【遊び・生活】

【病気・薬】

【保育参観・懇談会・保護者会】


【入園前〜慣らし保育】


入園前に準備するものって?
A 年齢ごと、また園によっても違いがありますが、標準は以下の通りです。
○敷布団&毛布カバー(週末に持ち帰って洗濯)
※市販の規格品とサイズが違うので手作りしなくてはなりません。また、幼児クラスになると敷き布団サイズが変わる場合があります。準備の前に確認を。
○バスタオル(2枚/週末に持ち帰って洗濯)
△食事用エプロン(2〜3枚/毎日持ち帰って洗濯)
※食事用エプロンについては、園によってタオルで手作り指定、市販品でも条件付きでOKなどまちまちです。準備の前に確認を。
○ひも付き手ふきタオル(1枚/毎日持ち帰って洗濯)
△口ふきタオル(2〜3枚/毎日持ち帰って洗濯)
○コップ(毎日持ち帰って洗う)
○コップ入れ
○歯ブラシ(0歳児はなし/毎日持ち帰って洗う)
○パジャマ(随時持ち帰って洗濯)
○パジャマ袋
△おむつカバー(2〜3枚/毎日持ち帰って洗濯)
○布製の絵本袋(園の貸出図書を借りる時に使う)
△テラス用靴(幼児は園庭用運動靴が必要なところもある)
□箸
□箸箱
□アルミ製のお弁当箱
□お弁当袋
□通園カバン
□上履き(随時持ち帰って洗濯)
<季節によって>
※必要になったら園からお知らせがありますからその時点で用意してください。
□プール用水着(乳児と同じ紺パンツのところもある)
○プール用スポーツタオル
○プールバッグ
△紺パンツ(ブルマーのようなものを水着がわりに使う)
△冬用室内履き(底が滑り止めになっている靴下カバー/使わない園もある)
<子どもによって>
○おねしょシーツ
○パンツ型おむつカバー(トイレトレーニング時)

○各年齢共通、△乳児(0〜2歳)のみ、□幼児(3歳〜5歳)のみ 
※枚数は毎日園に持っていく数です。
※この他、毎日のお着替え用として園に上下2〜3組の服と下着を用意しておきます。
※ティッシュやビニール袋(小)などを随時提出します。
服には名前をつけるの?
A 洋服、下着、靴下まですべて名前を記入します。もちろん、お箸やコップ、歯ブラシなどの持ち物にも名前が必要です。 園によっては園児一人ひとりに、果物や動物などのマークが決められているところもあります。その場合はそのマークのイラストなどでもOK。このマークは基本的に卒園まで変わりません。
慣らし保育ってどういうふうにするの?
A だいたい1週間かけて、1日保育にするのが標準。でも、その子のペースや年齢、別の保育園経験なども考慮して、多少の長短はあります。
<乳児基本スケジュール>
1日目:ママorパパと一緒に昼食まで(9:00〜11:00)
2日目:ひとりで昼食まで(9:00〜11:00)/場合によってはお迎えに来たママorパパに昼食を食べさせてもらうところまで
3日目:ひとりで昼食まで(9:00〜12:00)
4日目:ひとりでお昼寝まで(9:00〜14:30)
5日目:ひとりでおやつまで(9:00〜15:00)
6日目:予備日

【食事・給食】


給食はどんなメニュー?
A 川崎市の栄養士がメニューを作り、園内の給食室で毎日手づくりしてくれます。私立認可園では、独自メニューの園もあります。
<3月献立例>
1・15日 ひじき入り卵焼き
     じゃがいものそぼろ煮
     味噌汁 りんご
     
2・30日 ポークビーンズ
     しょうゆフレンチサラダ
     わかめスープ はっさく

※乳児の主食は園で用意してくれます。幼児の主食は公立園ではお弁当として持参します。私立認可園では別途主食費を徴収し、園で用意してくれるところもあります。
※毎日、麦茶(夏はさましたもの、冬は暖かいもの)は用意されています。      
※乳児には午前のおやつとして牛乳またはヨーグルトが出ます。
好き嫌いが多いけど、給食ちゃんと食べられるかしら?
A 家では食べないものも、保育園では食べるということはよくあります。他のお友だちがおいしそうに食べるので、食欲や対抗心が刺激されるのかもしれません。保育者もご飯好きの子ならおかずから食べさせる、肉好きの子なら野菜のおかずから食べさせるなど、工夫をしてくれているようです。
アレルギー対応食は用意してもらえる?
A 認可保育園では、主治医の診断書に基づいて除去食を実施します。毎月のメニューに従って栄養士などと面接を行い、除去食の進め方について相談して実施します。どうしても、除去食が不可能なメニューの日には、お弁当を持参するなどの対応をすることになります。
ずっと母乳だったけどミルクを飲んでくれるかな?
A ミルク嫌いの子は、ミルクの味が嫌いというより、乳首の感触やミルクの出具合が嫌いということも多いもの。基本的には園のほ乳ビンを使いますが、乳首などは持ち込みにも対応してもらえます。担任の先生や栄養士さんもそれぞれの子どもにあった飲ませ方を工夫してくれますから、積極的に相談してみましょう。
保育園によって、冷凍母乳に対応している園、していない園まちまちですから、先生に聞いてみましょう。
園での離乳食の進め方は?
A 初期(6〜7ヶ月頃)・中期(8〜9ヶ月頃)・後期(10〜11ヶ月頃)・完了期(1歳〜)の4段階で、一人ひとりの成長にあわせて進めてくれます。
入園前に個別に栄養士との面談があり、どんなものを食べさせているか、好き嫌いはあるかなどきちんと聞いてくれます。在園中も月齢だけで判断せず、きちんと噛んでいるかなどを判断して、次の段階に進めてくれます。
<3月離乳食例>
1・15日
初期 つぶしがゆ 麩のペースト マッシュポテト うすい味噌汁(汁のみ) ミルク160cc
中期 おかゆ 麩のうす味煮潰し マッシュポテト 味噌汁(キャベツ)ミルク100cc
後期 おかゆ〜軟飯 ふわふわオムレツ じゃがいものそぼろ煮 味噌汁(除ホールコーン缶) ミルク60cc
完了期 軟飯〜ご飯 ひじき入り卵焼き じゃがいものそぼろ煮 味噌汁(除ホールコーン缶) りんご
おやつはどんな内容?
A おやつも週3日は手作り。他3日と延長用のおやつは市販のおせんべいなどです。
<3月おやつ例>
1・15日カレーうどん ぽんかん
2・30日アンパンマンせんべい リッツクラッカー
3・17日牛乳 ごまドーナツ

【送迎・延長保育】


送り迎えにクルマを使っていいの?
A 基本的にはダメですが、駅やバス停が遠く、不便な場所ではOK の場合も。ただし、玄関前や消火栓まわりなどを避ける、エンジンをかけっぱなしにしないなどの約束事は当然守らなければいけません。チャイルドシートに乗せることも忘れずに。
送り迎えは保護者以外でもOK?
A 基本は同居の家族ですが、お迎えが間に合わない場合などは保育ママやシッターさんにお願いしている例もあります。いつもと違う人がお迎えにいく場合は、家族や親戚でも、事前に申し出る必要があります。
登園・降園時間は決まっているの?
A 保育時間は「勤務時間+通勤時間」。入園時の園長先生との面接で決めるので、個々で異なります。ただし、幼児になると園行事の練習や園外へのロングお散歩も増えますし、生活パターンの確立のためにも、9:30までに登園した方がいいでしょう。また、仕事が早く終わった日は、ぜひ「早迎え」を。子どもはとても喜びます。この場合、お昼寝中、おやつ中にならないよう、お迎えのタイミングは事前に先生に相談してください。
後追いが始まっているけど、大泣きされたら?
A 子どもに泣かれるのは本当にツライ。「こんなに泣かせてまで…」と自分を責める気持ちにもなってしまいます。だけど、大丈夫。ほとんどの子は、ママorパパの姿が見えなくなって5分以内には泣き止んでケロッと遊んでいるものなんです。
保育者も慣れているので、その子が落ち着くまでちゃんとフォローしてくれます。「泣くのは当然、それだけ親子の関係ができているから」という考えもあります。また、保護者と保育者の信頼関係も大切。保護者が安心して「お願いします」と預ける態度・雰囲気が、子どもの安心感につながるのです。
朝のおしたくって何?どのくらい時間がかかる?
A その日使うタオルやエプロン、お着替えなどをクラスの所定の位置にセットするのが「朝のおしたく」。その日使ったタオルやコップ、お着替えなどをまとめて持ち帰るのが「帰りのおしたく」。年齢や用意するものによって違いますが、乳児で8〜10分(0歳児は園で熱を測るのでさらにプラス5分ほど)、幼児なら5分程度です。
週末の帰りと週始めの朝は布団&毛布カバーのかけ替えや上履き(幼児)、テラス履きなどの準備があるのでプラス10〜15分かかります。
幼児になると、自分でコップや歯ブラシ、タオルのセッティングをさせるようにします。そのため、はじめの頃はもっと時間がかかることも。イライラしないで見守ることのできる時間に登園したいですね。
延長保育は何時まで?何歳から?
A 延長保育は18時〜19時までで、保育料とは別に月2500円の延長保育料が必要です。0歳時から可能です。ただし、0歳での新入園児の場合は、保育園に慣れることを再優先にするために入園後1ヶ月からとなっています。ほとんどの公立園で延長保育が実施されていますが、まだ実施されていない園もあります。延長保育を実施している私立認可園は朝7時〜7時30分までの延長もあります。
延長保育で用意するものは?
A 昼に使うのとは別にコップとひも付き手ふきタオル1枚を用意する園もあります。昼間に使ったものをそのまま使うのは衛生上問題があるという考えからです。

【お昼寝】


家では決まった時間にお昼寝しないけど、保育園では大丈夫?
A 不思議なことに、園ではほとんどの子がスンナリお昼寝をしています。昼食のあと、絵本などを読んで落ち着かせる、パジャマに着替える、布団に入る、カーテンをひく、などで「眠る雰囲気」をつくっているからかもしれません。
0歳クラスは、決まった時間に寝かせるというより、眠たくなったらいつでも寝かせています。1歳クラスの前半までは午前寝もあります。
昼寝でパジャマに着替えるの?
A 基本的には乳児も幼児も全員着替えます。ただし、乳児は午後の部屋着に着替えてそのまま寝るなど園によってまちまちです。
お昼寝は絶対しなくちゃいけないの?
A 子どもにとって、丸1日を家庭以外の場所で過ごすことは体力も精神も消耗すること。だからお昼寝の時間はとても大切です。でも、どうしても眠れない子に『ゼッタイ寝なさい』とはいいません。『お友だちが寝ているので静かに絵本を読んでいようね』といった対応をしているようです。
年長クラスでは、小学校入学前になるとお昼寝がなくなり、小学校生活へ備えます。

【遊び・生活】


園ではどんな服を着せるの?
A ほとんどの園では薄着を奨励しています。具体的には、
<春・秋>
ランニングシャツ・半そでTシャツ・半ズボン
<夏>
半そでTシャツ・半ズボン
<冬>
半そでシャツ・長そでTシャツ(ポロシャツ)・半ズボン
<真冬>
半そでシャツ・長そでTシャツ(ポロシャツ)・ベスト・ズボン

※真冬でも部屋の中は暖房で暖かいので脱ぎ着しやすい服がいいようです。
※女の子でもスカートではなくズボンorスパッツで。
※つなぎやサロペットなどは×。上下が別々の服にしてくださいと言われます。
※フード付きのシャツや上着、サスペンダーズボンなどは遊具にひっかかったりして危険!可愛さよりもシンプルで動きやすいものが奨励されています。
トイレトレーニングは園でもやってくれる?
A ひとり一人の発達をみながらトイレトレーニングを進めてくれます。「そろそろ始めたい」という場合は担任の先生に相談してみて。また、先生の方から「そろそろ園ではトイレに連れていってますよ」と教えてくれる場合もあります。
いくら家でがんばっても、また園でだけがんばっていても、子どもが混乱するだけ。先生との連携で自然な「おむつはずれ」ができるはずです。トイレトレーニングが始まると、パンツ型のおむつカバーを用意して欲しいといわれる場合があります。
1日の子どもの様子、教えてもらえる?
A 乳児クラスでは、個々の「生活記録連絡票」があり、家庭での子どもの姿や連絡事項を知らせ、担任の先生が保育園での子どもの姿、連絡事項を教えてくれます。
幼児クラスになると、お迎えの時にクラスごとのその日の活動が書かれた掲示板で子どもの様子を知ることができます。
乳児・幼児クラスともに、勤務シフトによってお迎えの時に必ず担任の先生に会えるわけではありませんが、『お友だちとぶつかってタンコブができた』『熱はないけど体調が悪そう』といった普段とは違う報告や様子は、引き継いだ先生が直接教えてくれます。
どんな遊びをするのかな?
A ●乳児クラスの人気遊び
<外遊び>三輪車・コンビカー、砂場、すべり台
<部屋遊び>ままごと、ブロック、パズル
●幼児クラスの人気遊び
<外遊び>大縄跳び、ブランコ、砂場で道具を使ったままごと(女児)、ヒーローごっこ(男児)
<部屋遊び>おしゃれごっこ(女児)、ブロック(男児)、パズル、折り紙、お絵書き
乳児クラスは外でも部屋でも“遊び”が中心ですが、幼児クラスになると、部屋ではお絵書きや空き缶を使っての楽器づくり、張り絵などの“造形”が徐々に増えます。外遊びも、縄跳びやマリつきなど、ちょっと難しいことへの挑戦もはじまります。
また、行事にあわせて、劇遊びやとびばこ、マットなどを使った体育遊びなども行います。
年長になると和太鼓の練習もはじまり、納涼会や運動会、卒園式のほか、園外の福祉施設などでも太鼓演奏を披露したりします。
園でのおむつは、布?紙?
A 多くの園は『布』で、貸しおむつを使用。おむつカバーだけ用意します。
替えのおむつカバーを常時2〜3枚、用意しておく必要があります。また、延長保育になると公立園でも紙おむつを使用します。その他は、紙おむつを持ち込むところ、園で紙おむつも用意しているところなど様々です
運動会・納涼会・遠足・・・どんな行事があるのかな?
A ある公立保育園の1年間の行事を紹介します。
4月:
●入園式(新入園児とその保護者が出席します/園主催)
●保育説明会(保育の年間計画の説明と質疑/園主催)、父母会総会(保護者会の年間方針の決定/父母会主催)
5月:
●ミニ運動会(子どもたちだけで楽しむ小規模運動会/園主催)
6月:
●バザー(各家庭が持ち寄った衣類、物品、おもちゃなどを販売。収益金で保育に生かせるものを購入したり、人形劇、移動動物園などを依頼します/父母会主催)
●春の遠足(幼児クラスの子どもたちが、いつものお散歩よりちょっと遠くの公園などへ歩いて行きます。園に帰って給食を食べるのでおべんとうはいりません。保護者の同伴は不要です/園主催)
7月:
●納涼会(各クラスの保護者がゲームや飲み物販売の模擬店を出すほか、盆踊り、年長児の太鼓の披露、子どもたちの作った山車の披露などがあります/父母会主催)
●プール開き(プール遊びが始まる最初の日に、幼児クラス全員が水を使ったゲームなどを楽しみます/園主催)
9月:
●子育てを語る会(保護者向け/保護者の感心が高い“健康”“育児”などをテーマに講師を招いたり、グループディスカッションをしたりして日頃の不安、ストレスを解消します/父母会主催)
10月:
●運動会(幼児クラスの子どもたちが中心。駆けっこ、障害物超え、縄跳びやお遊技など、子どもたちの元気な姿を見ることができます/園主催)
●秋の遠足(幼児クラスの子どもたちがお弁当を持って、公園などへ歩いて行きます。保護者の同伴は不要/園主催)
11月:
●ごっこ遊び(各クラスがレストラン、ケーキ屋さんなど好きなお店を開き、他のクラスの子どもたちとお店屋さんごっこを楽しみます。乳児クラスの子どもたちもお客さんになって楽しみます。/園主催)
●生活発表会・作品展(1週間ほど子どもたちの絵や造形を廊下などに展示し、保護者が他のクラスの子どもたちの作品を見学することができます/園主催)
●いも掘り(園で畑を借りていて、幼児クラスになると芋掘りを体験します。掘ったお芋は、その後、園庭で焼き芋にしてみんなで食べます/園主催)
12月:
●クリスマス会(クリスマスの歌を歌ったり、先生によるパネルシアターや人形劇を見ます/園主催)
●移動動物園(うさぎ、ひつじ、ポニーなどの動物と触れあうことができます/父母会主催)
●餅つき大会(園庭で杵と臼を使ってお餅をつきます。お父さんに応援をお願いして、たくさんのお餅をつき、あんこやきなこで食べます/園主催)
1月:
●人形劇(プロの劇団を招いて人形劇を見ます。都合がつけば、親子で観劇することができます/父母会主催)
3月:
●お別れ遠足(年中・年長の幼児がバスに乗って遠足に行きます。保護者の同伴は不要/園主催)
●卒園・成長お祝会(年長さんの卒園式の後、年少・年中・年長の各クラスが劇や合奏、合唱などを披露します。/園主催
※その他、毎月お誕生会があり、七夕、ひな祭りなどでは給食が特別メニューになります。
「あいうえお」は教えてくれる?
A 公立保育園では、特別な「お勉強」はしません。日常の中で、自然な形で興味を持ち、学んでいくように心がけて保育しています。年中、年長になると、自然と文字や数に興味を持つようになります。それにあわせて、園でも名前やよく歌う歌の歌詞をひらがなで掲示したりしています。子どもが興味を持った時点で教えるほうが、無理なく楽しく学んでいけると思います。
お散歩はどんなところに行くのかな?
A 近所の公園や小学校、スポーツ施設など、子どもが歩いて10〜15分くらいのところへ行きます。乳児クラスでまだ歩けない子、よちよち歩きの子はベビーカーやワゴンに乗って出かけます。保育園にはない遊具で遊んだり、道ばたの草花や虫を発見したり。また、「道のまん中を歩かない」「道路を渡る時はきちんと右、左、右を見て」などの基本的な交通ルールを学ぶ場でもあるようです。
どんな歌、手遊びを教えてくれるの?
A <乳児クラスの人気手遊び>
いないいないばぁ(♪いないいないばぁ〜は誰でしょね〜…)
パン屋さん(♪アンパン、ジャムパン…)
トントントンひげじいさん(♪トントントントンひげじいさん〜…)
バスごっこ(♪バス〜は走ります○○ちゃんのおうちへ、プップープップー…)
<幼児クラスの人気手遊び>
グーチョキパー(♪グーチョキパーでグーチョキパーでなにつくろ〜…)
右手出して(♪右手出して1本〜…)
パン屋さん(♪アンパン、ジャムパン…)
<幼児クラスの人気の歌>
小さな世界(♪世界中誰だぁって…)
人間っていいな(♪くまの子見ていたかくれんぼ…)
みんなともだち(♪み・ん・な、ともだち〜、ずっとずっとともだち〜…)

※月ごとに“今月の歌”を決めてみんなで歌っています。この例は3月の歌。季節ごとに七夕の歌やクリスマスの歌なども教えてくれます。カスタネットやトライアングル、木琴などを使って合奏の練習をすることもあります。
保育園で子どもの好きな絵本は?
A <乳児クラスの人気絵本>
ぐりとぐら
3匹のやぎのガラガラドン
大きなカブ
きんぎょがにげた
<幼児クラスの人気絵本>
昆虫や草花の図鑑
ジャンボ絵さがし
オバケの出てくる話
“バムとケロ”シリーズ
テレビ・ビデオは見せてますか?
A 公立保育園ではテレビ・ビデオは子どもには見せません。テレビに子守りをさせるのではなく、専門の保育士が保育するという考えからです。そして、間接的な体験ではなく、お友だちや保育者という生身の人間とのかかわり、自分の体を動かし、直接モノを見て、触れるという自分自身の直接的な体験を積むことを大切にしています。

【病気・薬】


子どもが病気になったら、呼び出されるの?
A 熱がある場合、下痢・嘔吐がひどい場合には、勤務先または指定の連絡先に電話が来て、即、お迎えとなります。症状が出たのがお迎えの1時間くらい前なら、連絡せずにそのまま園で寝かせておいてくれる場合もあります。
お薬は飲ませてもらえる?
A 市販の薬も、医師に処方してもらった薬も飲ませてもらうことはできません。園医師会で全市的に決められています。おむつかぶれなどの塗り薬は、園の看護婦さんなどに相談の上、許可が出れば塗ってくれる場合もあります。カゼ薬などは、お医者さんで「保育園に行っています」というと、朝夕服用するように調整してくれます。
予防接種はした方がいい?
A 強制ではありませんが、集団生活のため、園では予防接種を受けることを奨励しています。予防接種を受けた後は、園にその種類などを報告します。
登園停止になる病気って?
A 登園停止になる病気とその期間は以下の通り。登園時には『登園許可証明書(園に指定用紙があり、医師に記入してもらう。証明書料は500円)』が必要です。
・インフルエンザ/解熱後2日間
・百日せき/発病後2週間以上治療し、特有のせきが軽快するまで
・麻しん(はしか)/解熱後3日、せき・発疹が軽快するまで
・風しん/発疹が消退するまで
・水とう(帯状ヘルペス)/全発疹がかさぶたになるまで
・流行性耳下線炎(おたふくかぜ)/耳下線などの腫張が消失するまで
・溶連菌感染症/主要症状が消失するまで
・咽頭結膜熱/発熱、咽頭及び発病消失後2日まで
・流行性角結膜炎/眼の充血、異物感が消失するまで
・急性出血性結膜炎/眼の充血、異物感が消失するまで
・伝染性紅斑(りんご病)/発疹が軽快するまで
※突発性発疹は登園許可証明書はいりませんが、伝染性なので登園の許可をもらって登園すます。
※とびひは早いうちに医師に受診し、できたところをガーゼ、包帯などで被っていく必要があります。

【保育参観・懇談会・保護者会】


保育参観ってどんな感じ?
A 園やクラスによって違いますが年1〜2回行われます。
<乳児クラスの場合>
朝、いつものように送ってきて、『バイバイ』をした後、子どもに見つからないように別室から子どもの様子を見学します。ママやパパがいると甘えてしまい、いつもの園での様子がみられないため、隠れています。午後、そのまま仕事の場合は昼食くらいまでを見学してそのまま出勤。仕事が休みの場合は、昼食後に『ただいまー』とお迎えに行きます。
<幼児クラスの場合>
乳児クラスのように「隠れて見学」が難しいので、教室や園庭の隅から見学します。プール開きやミニ運動会など、通常保護者が参加しない行事を見学することもあります。参観は昼食まで。その後は仕事の方は出社、休みの方は子どもと一緒に帰宅します。園によっては、子どもと一緒に遊び、給食を食べる『保育参加』もあります。
保育士との懇談会では何を話すの?
A 年1・2回行われます。はじめに担任から、クラスでの保育目標、子どもたちの園での様子、人気の遊び・絵本、連絡事項(お着替えや上履きのサイズをチェックしてほしい、ティッシュ・ビニール袋を持ってきてほしいなど)の報告があります。その後、家庭で困っていること、例えば「園では給食を残さず食べているようだが、家では野菜を残してしまう」「おねしょが多い」「夜更かしになってしまう」などを保育者と保護者が一緒に相談しあいます。園によっては家庭訪問もあります。
保護者会って何?
A 「より良い保育環境をバックアップする」「保護者同志の親睦をはかる」「園に保護者の声を伝え、保育に活かしてもらう」ことを目的として、在園児の保護者全員が保護者会の会員になります。各クラスから2〜3名、保護者会役員を選出し、保護者会活動を運営します。
保護者会活動にはどんなものがあるの?
A 園によってまちまちですが、主な活動は以下の通りです。
・役員会の開催(月1回or2ヶ月に1回)。
・区の保護者会連絡会との連携。
・クラス交流会の企画・実施。
・保護者会費の会計業務。
・保護者会便りの発行。
・バザーなどイベントの企画・運営。
・納涼会の企画・運営。
・保育のつどいへの参加。
・保育の充実もとめる署名への参加。





「川崎保育のつどい」ホームページへ戻る