TOP

メールの新規設定(POP)  MacOS os x yosemite 10.10.5 mail

  • [メール]を起動します。
  • メニューバーの[メール]-[環境設定]をクリックします。
  • 環境設定の画面が表示されます。
    左上の[アカウント]をクリックし、その下のリストから設定を確認するアカウントを選択します。

    [アカウント情報]をクリックします。
    以下の表を参照し、各項目の設定を確認します。

    このアカウントを使用 チェックする
    アカウントの種類 POP
    説明 管理用の名前を入力します。
    メールアドレス メールアドレスを入力します。
    氏名 メール送信時に相手先に表示される名前を入力します。
    受信用メールサーバ 個人会員:mail.kinet.or.jp
    ホスティング会員:お知らせのサーバー名

    ※受信用メールサーバの項目が、グレーアウトして編集できない場合
    [詳細]をクリックし、[アカウント設定を自動的に検出して管理]のチェックを外します。(下記を参照

    ユーザ名 メールアカウントを入力します。
    パスワード メールパスワードを入力します。

    ※グレーアウトして編集できない場合

    1. [詳細]をクリックし、
      [アカウント設定を自動的に検出して管理] → チェックを外します。
      [セキュリティ保護されていない認証を許可] → チェックします。

    2. 画面左上の[閉じる]をクリックし、確認画面で[保存]をクリック後、[環境設定]→[アカウント]から再度設定してください。

  • [送信用メールサーバ(SMTP)]のプルダウンメニューをクリックし、[SMTP サーバリストを編集]を選択します。

  • SMTPサーバの編集画面が表示されますので、リストからお使いのサーバを選択します。
    [アカウント情報]をクリックし、[サーバ名]を確認します。
  • [詳細]をクリックします。
    以下の表を参照して各項目の設定を確認し、[OK]をクリックします。

    アカウント設定を自動的に検出して管理 チェックしない
    ポート 587 と入力
    SSLを使用 チェックしない
    認証 [パスワード]を選択
    セキュリティ保護されていない認証を許可 チェックする
    ユーザ名 メールアカウントを入力
    パスワード メールパスワードを入力
  • [アカウント情報]の画面に戻りますので、[詳細]をクリックします。
  • 各項目の設定を確認します。

    アカウント設定を自動的に検出して管理 チェックしない
    メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除 ご利用に応じて設定
    ポート 587 と入力
    SSLを使用 チェックしない
    認証 [パスワード]を選択
    セキュリティ保護されていない認証を許可 チェックする

    画面左上の[閉じる]をクリックします。

  • 変更内容保存の確認画面が表示されます。
    [保存]をクリックし、確認完了です。