山スキーのコース
| 表紙| 山の情報交換広場| 山の記録広場| 山の道具広場| 山の食糧広場| 山登りのススメ| 山スキーのススメ|リンク集|
| TOP| 初心者編| 道具編| コース考察|

山スキーのコースはその人がどのような目的で山スキーをやっているかによる。 大きく分けると、単に山に登るための便利な道具という考え方と、むしろ滑べりを楽しむために登るという考え方である。 多くの人は、滑べりを楽しむために登っており、登るときのも便利だから山スキーを使っているのではないでしょうか? 前者のパターンでいけば、山域は、滑べるべきポイントを重視せず歩くことを重視するものとなるし、 後者のパターンでいけば、山域は、なるべく登らずそれでいて滑べるポイントが多いところ、樹林がすくないところ等が重視される。 なんにせよ、自分の好みで選べばいいのである。
やって行くうちに自分のスタイルが決ってくるでしょう。 ここにこれから載せるコース情報は、自分のスタイルにあった山域を探すたしにしてもらえればいいと思う。
安達太良山
このコースは、最初にロープウェイで結構上まで行ける。 また、標高1600mしかないが、結構はやく樹林限界が来るので滑べるにはよい。

吾妻山 大沢下り
天元台のスキー場からはいると登りが少し。 しかし、滑べりは、かなりあるというコース。

四阿山
自分で稼いだ登りをそのまま下山。眺めがいい。滑べりもいい。

神楽が峰
かぐらみつまたスキー場から入って、すぐいって来れる。初心者向き?

猫魔ヶ岳
周りにスキー場ができてしまい、今はどうなっているだろう・・?

乗鞍岳
ゴールデンウィークシーズン向き。滑べりは素晴らしい。

湯の丸
歩きを楽しむと行った感じのコース


Last modified: Fri Aug 11 21:21:41 JST 2000