くにこの政策

川崎市唯一の女性県会議員として

小川くにこは、4期16年間、医療・介護・福祉の充実、子育て支援、青少年問題、教育改革、行財政改革、 環境問題にそれぞれ重点的に取り組み、川崎市唯一の女性県議として、現場の声を県政に反映させてまいりました。

現場主義をモットーに、これからも常に「暮らしの声を政策に!」生かしてまいりたいと決意しております。 !

くにこの政策2015年版

緊急災害対策の見直し
予想超の地震による予想超津波の発生。被害状況もはるかに予想を超えるものでした。 大規模災害にも耐えられる備えが必要。早急に災害対策の練り直しを!
子育て支援
県幼稚園設置基準を大幅に規制緩和させ、私立幼稚園の定員枠拡大の誘導策を実現、 高津区の幼稚園も入園しやすく。 幼稚園・保育園・子ども園・保育ママなど、子育ての選択肢を多様に確保します。学童保育も充実。
教育改革
教育は人材です。 英語科講師の経験を生かし、一人一人の生徒・児童に温かな配慮が行き届く教育を目指します。
医療・介護・福祉の充実
医療・福祉水準を高める為に、人材育成策を充実します。 看護師・女性医師、介護スタッフが働く環境を改善し、人材確保を目指します。
地域の課題は地域で解決
国・県・市の3重行政を是正し、地域の課題は地域で解決できるように制度を改革。 住民自治が機能する地域のかたちを目指します。
議員提案条例
がん克服条例、議会基本条例、歯・口腔の健康を推進する条例。 各条例の条文作りを制作チームの一員として取り組みました。 実績を生かして、今後も政策を充実・強化する為の条例提案に取り組みます。

政策実現

神奈川県がん克服条例(平成20年4月施行)
ガンで苦しむ方々の支援を充実強化
神奈川県議会基本条例(平成20年12月施行)
議会・議員のあり方を再検討
神奈川県歯・口腔の健康を推進する条例(平成23年7月施行)
歯科行政を確立
指定管理者制度指針策定提案
債権管理条例の専決処分上限額を500万円に設定
子ども・子育て新支援制度への提言
(地域にあった施策展開)
私学助成金の拡充・学童補助の拡大

などなど

くにこの地域政策

初当選後、地域で実現した様々なケース(一部)についてレポートしています。
川崎市の仕事も、県の仕事も精一杯解決努力をしてきました。どんなに小さなことにも耳を傾けてきた結果です。

ぜひ、くにこの地域政策レポートをご覧ください。

溝の口駅前交番改善

【地域政策活動例】

溝口駅前交番の改善を、地域の2万人にも及ぶ署名をバックに小川くにこが県警本部に陳情し、 大きな看板が設置されました。

以前の政策について

くにこの政策2011年版

くにこの政策2011年版の大きめのPDFはこちらから開くことができます。

各政策の上でクリックすると拡大図が表示されます。

くにこの政策2011年 子育て支援策 横断歩道の設置 急傾斜工事の推進 教育改革支援 駅前交番の改善 ゲリラ豪雨からの防災
緊急災害対策の見直し
予想超の地震による予想超津波の発生。被害状況もはるかに予想を超えるものでした。 大規模災害にも耐えられる備えが必要。早急に災害対策の練り直しを!
子育て支援
県幼稚園設置基準を大幅に規制緩和させ、私立幼稚園の定員枠拡大の誘導策を実現、 高津区の幼稚園も入園しやすく。 幼稚園・保育園・子ども園・保育ママなど、子育ての選択肢を多様に確保します。学童保育も充実。
教育改革
教育は人材です。 英語科講師の経験を生かし、一人一人の生徒・児童に温かな配慮が行き届く教育を目指します。
医療・介護・福祉の充実
医療・福祉水準を高める為に、人材育成策を充実します。 看護師・女性医師、介護スタッフが働く環境を改善し、人材確保を目指します。
地域の課題は地域で解決
国・県・市の3重行政を是正し、地域の課題は地域で解決できるように制度を改革。 住民自治が機能する地域のかたちを目指します。
議員提案条例
がん克服条例、議会基本条例、歯・口腔の健康を推進する条例。 各条例の条文作りを制作チームの一員として取り組みました。 実績を生かして、今後も政策を充実・強化する為の条例提案に取り組みます。

2011年以前の政策はこちらから

2007年 選挙公報

2007年3月小川くにこの政策 ↓ クリックすると大きくなります。

2007年3月小川くにこの政策

▲ ページトップへ

小川くにこのFacebook

小川くにこ事務所

住所:
〒213-0011
神奈川県川崎市高津区久本2-7-34
電話: 044-865-1313
FAX: 044-888-3600
e-mail: seseragi.k2@kinet.or.jp

仁の会(後援会)

リンク集

神奈川県議会
神奈川県ホームページ
自民党神奈川県議団